「卒論ないがしろに 内定者研修」の投稿記事より

こんにちは、さんぺいです。


2018年2月9日の朝日新聞に掲載された投稿記事です。卒論って、大学教育の集大成だと思うんですよね。これに出席する、参加するというのは、当たり前の権利のはずです。しかも、どんな形であれ、学費が支払われているわけですから。


企業が、社会が、こういった権利を奪うというのは、いかがなものでしょうか?研修に参加した分、学費はお返ししているのでしょうか?これは「若者搾取」の代表例ではないのでしょうか?自制、規制が強く求められるべきだと思います。


読んでくださって、ありがとうございました。

For the Children in Japan ~子供たちのために~

子供たちの未来のために考えているサイト Goverment of the chldren, for the children, with the children, shall not perish from the Earth.

0コメント

  • 1000 / 1000